日本食道学会について

名称 特定非営利活動法人 日本食道学会(Japan Esophageal Society)
創立 昭和40年8月1日 食道疾患研究会発足
平成15年1月1日 日本食道学会に移行
※平成21年3月30日 法人化
目的 日本食道疾患研究会の業績を継承し、食道疾患に関する基礎並びに臨床的研究の促進・発展を通して国民の健康と福祉に貢献することを目的とする。
事業
  1. 学術集会の開催
  2. 機関誌の発行事業
  3. 専門医制度に関する事業
  4. 内外の関係学術団体との連絡、及び提携に関する事業
  5. 食道疾患に関する研究及び教育に関する事業
  6. その他当学会の目的を達成するために必要な事業
理事長 松原 久裕(千葉大学大学院先端応用外科)
理事長あいさつ
会員数 2,688名
役員数 理事:20名(理事長を含む)/監事4名
評議員数 400名(選挙評議員350名/非選挙評議員50名)
機関誌 「Esophagus」(英文、平成15年12月創刊、年4回発行)
認定資格 ・食道外科専門医:244名
・食道科認定医:848名
・食道外科専門医認定施設:109施設
(平成29年4月現在)
年会費 一般会員12,000円、評議員20,000円
各種委員会・
部会

<常設委員会>

会則委員会、財務委員会、選挙管理委員会、会誌編集委員会、広報委員会、国際委員会、保険診療検討委員会、倫理委員会、将来構想検討委員会、全国登録委員会、NCD部会、専門医制度委員会、食道科認定医認定部会、食道外科専門医認定部会、食道外科専門医認定施設認定部会、食道外科専門医カリキュラム設定部会、教育委員会、プログラム検討委員会、食道癌取扱い規約委員会、病理組織検討委員会、内視鏡検討委員会、食道ESD偶発症検討部会、拡大内視鏡による食道表在癌深達度診断基準検討部会、拡大内視鏡によるBarrett食道癌診断基準検討部会、食道癌診断・治療ガイドライン検討委員会、ガイドライン評価委員会、用語委員会、GERD検討委員会、研究推進委員会、総務委員会、医療安全委員会

<指定検討委員会>

食道噴門線検討委員会、Intraepithelial neoplasia定義検討委員会、食道アカラシア取扱い規約検討委員会
所在地 〒130-0012
東京都墨田区太平2-3-13 廣瀬ビルディング4階
TEL/FAX 03-6456-1339
E-mail office@esophagus.jp