日本食道学会 研究課題について

日本食道学会では、食道疾患の病態・診断・治療などに関して早急に検討するべき問題点や課題を明らかにして、その解決を図ることにより、食道疾患の診断・治療の進歩を目指しています。全国の医療機関から、食道の病気を持つ患者さんの多くのデータを集めて検討することで、より質が高く、患者さん・ご家族に役に立つ成果が得られます。
こちらのページでは、日本食道学会が行っている研究課題について、研究の概要や皆様へのお知らせを掲載しております。

日本食道学会研究課題一覧

2015年以降に日本食道学会 研究推進委員会・倫理委員会で承認された研究課題の一覧です。
なお、対象者に該当する方で、診療情報を研究目的に利用されることを希望されない場合は、日本食道学会事務局または研究責任者にご連絡ください。

2016年

課題名 食道T1a-MM癌の転移危険因子に関する研究(調査)
研究責任者 川田 研郎(東京医科歯科大学消化管外科)
食道学会承認日 研究推進委員会審査:2016年5月10日
倫理委員会審査:2016年5月25日
理事会:2016年6月22日
主研究施設倫理委員会 審査中
進捗 準備中
課題名 食道原発神経内分泌腫瘍の病態にかかわる研究
研究責任者 桑野 博行(群馬大学大学院病態総合外科)
食道学会承認日 研究推進委員会審査:2016年5月10日
倫理委員会審査:2016年5月25日
理事会:2016年6月22日
主研究施設倫理委員会 承認済:2016年9月26日
進捗 実施中
課題名 食道Gastrointestinal stromal tumor(GIST)の病態に関わる全国調査
研究責任者 新井 冨生(東京都健康長寿医療センター)
食道学会承認日 研究推進委員会審査:2016年5月10日
倫理委員会審査:2016年5月25日
理事会:2016年6月22日
主研究施設倫理委員会 承認済:2016年9月16日
進捗 実施中

2015年

課題名 食道破裂の全国実態調査
食道学会研究責任者 桑野 博行(群馬大学大学院病態総合外科学)
食道学会承認日 研究推進委員会審査:2015年12月10日
倫理委員会審査:2016年1月4日
理事会:2016年1月15日
主研究施設倫理委員会 承認済:2016年6月16日
進捗 実施中
課題名 食道癌切除症例における血清p53抗体の臨床病理学的意義に関する多施設後ろ向き解析研究
食道学会研究責任者 島田 英昭(東邦大学外科学講座一般・消化器外科学分野)
食道学会承認日 研究推進委員会審査:2015年12月10日
倫理委員会審査:2016年1月4日
理事会:2016年1月15日
主研究施設倫理委員会 承認済:2016年7月20日
進捗 実施中